あなたに、
新たな道を

旬のいけばな情報を!

花と触れているときが一番きもちがゆったりする。そして無に等しい。だからアイデアが湧き出てくる。ほとんどが活ける前にできている、あとは活けるだけ。どういうわけかそのイメージの花が来る。
何もないことは、いっぱいあることなのでしょうか


杉﨑宗雲の「今」を知る
自然の慈悲を魅せる華道のアート活動。


自然と人をつなぐ「きずな」として成立してきた日本の伝統の和文化のひとつである
“いけばな”芸術。杉﨑宗雲が華道家らしさをみせるのは。その花の風興美。
量より質、綺麗さより雅味と、心の中魅せる華の世界です。
  • 01
  • 杉﨑宗雲の「今」

柿渋仕様の流木と
塑像するオブジェによる「赤の世界」

枯れて朽ちた樹、流されて沖合か戻った樹を、柿渋を何度も塗り光沢のある自然の恵みの木々して再生構築する。樹木の切り粉による彫塑が新たな形を生む。
私にとっての「赤の世界」。

毎週見参
小田原城天守閣&SAMURAI館

復元された小田原城天守閣に1961年に当時の管理長の河野治郎氏より天守閣の空間に花を活ける依頼を受け。現在もこの奉仕活動は父の代より続いています。
さらに常盤木門のSAMURAI館にも活けています。
重く固いけやきの樹をオブジェ化してのいけばなです。
城というイメージからのけやきのオブジェです。

  • 02
  • 1970年から始まった華道のアート活動

自由な風が流れていた時代…
いつのまにか形骸化され、流派の商品化にされる

いけばなの最盛期1970年頃のさまざまな素材を花材としての構成の中で大きなホールに活けられたり、野外に活けられたりとした多様ないけばな作品(芸術)というように、流派の持つ規律もない自由な作家の持つ創造のいけばなが観られます。

  • 03
  • 家庭に飾る小さないけばな

器と花のハーモニーを
家庭に、自由に活け飾りたい

自分の好きな器(作家の器)に好きに構築したいけばなを活けたい。大きくなく、30-40㎝くらいの華は無理がなく嫌味もないし、気持をゆったりとさせてくれます。
夏に涼しさを、青いそら、うつくしい森を感じさせるいけばな。

杉﨑宗雲
キャンドルいけばなアート教室

NEW

2,000円(税抜)

新しいいけばなとして、今年は「キャンドルいけばなアート」
素材:ランタングラス,LED,バラ(soap),サンキライ,コットンフラワー,ツル,他
教室アハ、予約制、杉﨑宗雲の教室対応可能日

 
 

杉﨑宗雲
万年青一日教室

NEW

4,000円(税抜)

日本の伝統の格花の万年青を活けます。
古来祝儀用として寒さに恐れず葉の色を変えぬところから万年青と呼ばれ、江戸頃より葉組ものとして扱われます。
祝儀として扱われるのは年中緑を保ち、葉の内側より葉を増やしていくところです。
※必要あればマチのある手さげ袋、剣山、

 
  • 04
  • 風興が日本文化のあらたな道を創る


野に咲く花から朽ちた枯れ木も・・・
風興からアートへ

野に咲いている草花を朝のうちに採集し、水揚げし活ける。
季節を楽しむ風興の一つです。
雨の日も、風の日も採集し、活けるだからこそ風興美がみえる。
時には面白いカタチの朽ちた樹に出会う。私は柿渋を塗り再生させる。
私のいけばなのアートの原点です。

  • 05
  • 伝承の日本文化「カクバナ」

伝承された生花・格花

約束事の形・型を活ける。
生花・格花は江戸時代に様式美とされ、今現在も伝えられている。
カタチ、型にはまらずに、花材のもつ特徴を生かしての風興性を空間に活けられたらこれほど素晴らしいものはない。
ただ形,至上美になってしまいがちである。

宗雲のblogです。


  • 07
  • 杉﨑宗雲の華教室

おむろ・アカデミー教室
螢田(小田急)徒歩6分

使用できる花器250、必要あればお貸しできます。
基本的に水・土曜日の月8日より3回稽古をお選びください。
受講料:月3回11000円、月2回9900円。
日時等は事前に予約下さい。
その日の旬の花にてお稽古します。

熱海・藍花教室
熱海仲見世通り

金曜日月3回の受講日の設定。
古き自由な抛入花から今日的な華まで自由に学べます。
月会費11000円(花材費含む)

新宿アサヒカルチャー教室
三井住友ビル・新宿より徒歩10分

第3日曜日13時~14時30分の月一教室
伝統の京都御室の生花・格花の教室です。
受付業務はアサヒカルチャー。
花は季節の花材を活けます。花材費はその時により違います。約2000円。

聞いてみたいお客様の声

和室には、どちらの足から入る?右足、左足

お茶の世界がそこにありますが、流派によって違います。日本に来た外国人は驚くでしょうね。私は入るとの足と出るときの足は逆にしています。

床の間に活けるには、どのような約束ごとが・・・?
 

簡易にいうと、床の間を半分に分け床柱側と明り口側とに分けます。床柱側が主として、お客様用、ですので明り口側に花を活けるが常識です。

いけばなにはどのような様式が?

歴史に出てくる様式は「たて花」「立華」「抛入花」「生花・格花」「文人花」「盛花」「投入れ花」、昭和以降は美術の影響を受け自由に活けるようになり様式といえるかどうかです。「自由花」「創作花」「オブジェ」「コンセプト」「ミクストメデイア」・・・
創造するというのは個人にあるもので流派ではないですね

家元の御免状は取得しなければならない何ですか?

そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。十八等官でしたから役所のなかでも、ずうっと下の方でしたし俸給もほんのわずかでしたが、受持ちが標本の採集や整理で生れ付き好きなことでしたから、わたくしは毎日ずいぶん愉快にはたらきました。殊にそのころ、モリーオ市では競馬場を植物園に拵え直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから、わたくしはすぐ宿直という名前で月賦で買った小さな蓄音器と二十枚ばかりのレコードをもって、その番小屋にひとり住むことになりました。わたくしはそこの馬を置く場所に板で小さなしきいをつけて一疋の山羊を飼いました。

いけばなは、何を教えるのですか

私は、流派の型や形でなく、その人がその花から感じたもを活けるということが大切と思っていますが、その植物は自然の風雨にたえてきたものです。
この花は岩場に咲いていた、陽陰に咲いていたなどで同じ花でも違います。
その違いを見分けて活けることを教える。いけばなの風興を教えることです。
約束事というのは植物にあるのでしょう!

街中の店に文化がある

街中の店に文化があることは素晴らしいことです。店の“もてなし”を花を通じてお客に伝えることが出来ます。主人がたったの花一輪で伝える技の心。
主人本人が一輪を活けるから価値がある。家の庭に咲く、途中の路傍の一輪を活けるからこそなのです。

いけばなには地域性はないのですか

いけばなは「流」という存在から型ないし形があり、それの継承によって伝えられています。この花はこのように活けるとか、このような時にはこの湯に飾る。
扱う花はその地域にしか咲かないものの場合には、その活かし方等、地域性が生まれてきますね。