今、日本文化が求められています!

2020年東京オリパラ以降の観光需要が伸びるこのタイミングで
日本文化の需要に参入し
余暇の人生を楽しみながら副収入を!
 
新いけばなビジネス起業
いけばな男子専科講座

華道家★宗雲

この講座で手に入れるものは何か?

☑成長産業の文化観光の市場に参入する方法が手に入る。
☑和文化のもつ歴史や智慧を知り、伝統文化の継承者になれ、人脈を手に入れられる。
☑江戸時代から伝承されるいけばなのスキルが手に入る。
 
☑小田原の文化芸術振興やまちづくりに参加でき、華道家としての地位が手に入る。
☑自然植物との融合によりクリエイターとして豊かな人生を手に入れる。
☑同じ趣味の仲間ができ、楽しい人生を送ることが出来る。

時代の流れに乗り、将来を安定させ、豊かな人生を!

1965年頃の華道人口1000万人以上といわれ、花嫁修行という「たしなみ」としての女性のための文化でした・・・

現代の暮らしの建築様式の変化において、「和室」から「洋室」へ
「いけばな」から「フラワーデザイン」へ。外国の文化や生活スタイルを我が国は取り入れてきました。

社会人800名にアンケートをとりました。
 いけばなを経験したことがあるという日本人は、
 ・20代-男性4.9%、女性13.6㌫
 ・30代-男性4.9%、女性14.6% 
 ・40代-男性5.8%、女性27.2%
 ・50代-男性5.8%、女性55.3%
       (㈱シェイク&和の大学調べ)
 
またその中で、「自分を高めたり経験を増やす」に華道を体験すると答えた方が29.0%います。自分への投資として「日本文化やいけばな」が「心の成長」「たしなみ」「教養」等を求めてられています
 

日本人から日本の伝統文化を大切にする心が消えつつある世の中。
外国人の方が日本文化を評価しているかも?

逆に、日本人も観光という心の魔法を唱えると、その旅先の土地独特の文化に
触れたくなるのは、私だけでしょうか?

「道」とつくジャンルは、奥が深く難しいと感じている人が多いと思います。
もちろん人の道を歩んでいくものですから、答えのない悟りをひらくようなものですので修行が必要です。しかし、考え方と切り口次第でその活用方法は広がっていきます。
そのノウハウとしくみを特別にお教えいたします。

華道家★男子専科

≪レッスン場所≫
 ◆螢田おむろアカデミー

 水・土曜日のレッスン日に時間の予約ができます。
 格花に使用する器が30種70点が用意し、季節の花と形を楽しめます。
 費用(税別):レッスン費3000円、花材費2000円。月の参加レッスン数により割引あり!
 ※格花以外に抛入花(なげいれ)等の自由華があります。
 〔問090-8846-7842〕

◆新宿アサヒカルチャー


 第3日曜日13:00~15:30
 3か月予約制:花材費5040円。レッスン費はアサヒカルチャーです。
 〔問03-3344-1946〕
◆熱海駅前藍花教室

 月曜日13:00~16:00が基本ですが、時間の予約ができます。

 費用(税別):レッスン費3000円、花材費2000円。月の参加レッスン数により割引あり! 
 ※格花以外に抛入花(なげいれ)等の自由華があります。
 〔問090-8846-7842〕

華道家・杉崎宗雲の活動実績

花と触れる楽しさ、自然からの慈悲の気持ちが今に伝わるいけばなの魅力をあなたに!
会社の福利厚生としての教室、子どものための形にはまらない植物体験としてのいけばな体験教室、おしゃべりクラブの婦人会教室などの各いけばな教室・・・
イベントの告知用の展示や、デモンストレーション、音楽や陶芸とのコラボレーションなど・・・
多くのレッスンと展示により、あなたに最適なものを提案していきます。
おむろの理念

≪いけばなのレッスン者数≫

20歳からの教授活動により約1000名の方にレッスン指導。
〔現〕新宿朝日カルチャー、熱海駅前藍花教室、小田原螢田おむろアカデミー、㈱花王華道部…

≪いけばなの展示と展覧会≫

16歳にいけばな界デビュー以後、20歳にて親子展、60歳に個展(2回)、華ふたり宗雲展、いけばなTODAY、日本いけばな芸術展、神奈川県華道展、京都御室御所のいけばな展等に毎年出品…
〔現・常設展示〕小田原城天守閣、小田原城SAMURAI舘

≪いけばな展等の企画実績≫

黒田長成侯爵邸に活ける、座敷華飾り展、小田原城アートNOW、横浜山手西洋館の華アート展、大磯吉田邸の野外アート展、文化芸術展、華と陶展、アートTODAY、「技と心」、小田原城華回廊、…

プロフィール


小田原市文化連盟事務局長、小田原文化芸術協会代表
神奈川県華道連盟参与、小田原華道協会相談役、御室流審議会委員