自在なり抛入花

いけばなに様式や流派は有れど、いつの時代でもこれほど自然の風雅と出会い、自在に活けるものはない。抛入花という。

新しい環境を含め、その場に自然の植物のもつ有機性の美を飾る。
日本の和の美=陶の器との出会いが楽し い。 →
創作として活ける人の意志、イメージを創ります!